STRUCTURE

未来を見据えた
暮らしの基盤

資産価値を末長く維持するために
基本性能に磨きをかけました。

エラヴィオ等々力は、 都内でも有数の強固な地盤の上にあります。

直接基礎とは、構造物の荷重を直接良好な地盤に伝達する形式の基礎です。『エラヴィオ等々力』の建設地は、武蔵野台地の中でも強固な支持地盤層が地表近くに位置しているため、杭を打ち込む必要のない「直接基礎工法」を採用しています。マンション等の建造物で直接基礎が実施できるほどの地盤の良い場所は少なく、貴重な立地といえます。

当該立地は、武蔵野台地の中でも最も古い台地

東京西部に位置する武蔵野台地は、東側を東京低地、南側を多摩川、北側を荒川と入間川の低地で仕切られる東西約50km、南北20kmにわたる大きな台地です。エラヴィオ等々力は、武蔵野台地の中でも最も古く強固な地盤の上に建設されます。

新宿副都心ビルも直接基礎

日本初の超高層ビルが何故西新宿だったかというと、他の場所に比べ関東礫層という支持地盤が、地面から15mと比較的浅かったため、15m以上掘って超高層ビルをすっぽり埋める事が可能でした。その後様々な工法が開発され湾岸でも超高層ビルが建設されましたが、地盤の良いところが優先されています。

江戸時代の大名屋敷は、高台にあった理由

江戸時代は、火事や地震が多かったため、位の高い大名は、災害に対処するために、高台に屋敷を構えました。有名なエリアでは品川の池田山、島津山、御殿山でいずれも武蔵丘陵の最先端部です。今回の等々力7丁目も品川の邸宅街に匹敵する強固な地盤の地域です。

構造

壁式構造

鉄筋コンクリートの壁・床という構造体の「面」で建物の荷重を支える構造なので、非常に耐震性が高く、また、柱型がなく梁の出も少ないので、広くすっきりとした室内空間を確保できます。

二重床・二重天井

コンクリートスラブと床・天井材の間に空気層を設けた二重床・二重天井。空間内に電気配線・配管設備などを通しているので、メンテナンスがしやすく、将来的なリフォームも容易になります。

外壁・戸境壁

外壁は厚さ約180mmに断熱材を施工し、外気の影響を抑え、断熱性能を高めています。戸境壁は厚さ約180mmを確保しています。

ダブル配筋

外壁や戸境壁は、鉄筋を二重に組むダブル配筋が標準仕様。ひび割れも起きにくく、シングル配筋に比べて高い強度と耐久性を発揮します。

対震ドア枠

玄関は大きな地震が起きても安全な避難路となるよう、多少の歪みが生じても扉を開閉できる対震ドア枠を採用しています。

Low-E複層ガラス

窓には2枚のガラスの間に空気層を挟み、特殊金属膜をコーティングしたLow-E複層ガラスを採用。優れた断熱性により冷暖房効果を高めるとともに、結露の発生も抑えます。

省エネ等級4

「住宅性能表示制度」評価項目のひとつ「省エネルギー対策等級」における最高ランクの等級4を取得。

住宅性能表示制度

国土交通大臣指定の第三者機関が評価する「住宅性能表示制度」を活用。建物が建つ前の設計図書段階での「設計住宅性能評価」と、施工時と竣工時で検査する「建設住宅性能評価」(取得予定)により、安心をお届けします。

フラット35S登録マンション

「エラヴィオ等々力」は、住宅金融支援機構のフラット35S基準(省エネルギー性、耐震性等、一定の技術基準に適合した優れた住宅)に適合しています。フラット35のお借入金利を一定期間引き下げることができます。

大切な資産だから
憧れの高台

標高約38mの高台のロケーションが暮らしの質をさらに高めます。

高台はいわゆる地位(じぐらい)が高いとされ、古来より憧れの移住地域として人気を維持しています。 現地は種変に高い建物が少なく、明るく開放感に溢れた標高約38mの閑静な高台の好立地。 風通しの良い高台立地に恵まれたエラヴィオ等々力は、暮らしの質をさらに高める魅力的な存在となっています。

高台

● 高台を意味する「山の手」という言葉は、大名や旗本が住居を構えた山の方という意味があり、麹町、四谷、赤坂、麻布、小石川など高級住宅地という印象。昔は治水が不十分だったため、洪水などの被害を免れるためにも、武家にとって高台に住むことが重要でした。

● なんといっても高台のメリットは災害に強いこと。津波に対してはもちろん、地震の揺れに対して強いことも、関東大震災や東日本大震災などで証明されました。丘陵地や台地といった高台は、地盤が強固なため、将来に渡って住まいの安全・安心感が維持されます。

● 高台の大きな魅力として、豊かな陽光、爽やかな風を感じられることがあげられます。コンクリートやアスファルトの多い低地の都市部に比べ、高台には自然が多く残っており、夏場でも比較的気温が低く過ごしやすいため、快適な住環境が望めます。

COPYRIGHT 2011 DYNACEL CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.